車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 名所巡り > 大分県 > 両子寺

両子寺の紅葉

国東半島きっての紅葉の名所

両子寺は、大分県国東市安岐町にある天台宗の寺院です。
大分県の紅葉の名所の1つで、大分県の史跡に指定されています。
紅葉の時期になると、周辺や参道に植えられた木々の葉が赤く染まり、訪れた参拝客の目を楽しませます。
両子寺の紅葉


国東半島の山地は、両子山と文殊山を中心に放射線状に延びていて、その山稜の間に開かれた6つの郷のことを六郷、その郷に建てられた寺院群のことを満山と呼びます。
六郷満山とは、国東半島一帯にある寺院群の総称を指し、六郷満山文化と呼ばれる独特の宗教文化を持ちます。
寺院群は本山、中山、末山に区分され、それぞれ学問、修行、布教の目的の役割を担って分けられていました。

六郷満山の中心的な寺

両子寺の創建は718年、仁聞菩薩によるものと伝えられています。
六郷満山の中山本寺であり、修行の中心地として栄えました。
江戸時代には杵築藩の最高祈願所となり、満山の総持院になりました。
参道には、国東半島で最大の2体の仁王石像が立っています。江戸時代後期の作とされ、駐車場から本殿へ向かう道とは反対方向の坂の下にありますが、一見の価値があります。
両子寺 護摩堂下の紅葉

受付で参観料を支払い、境内へ足を踏み入れると護摩堂が目に入ります。
護摩堂の本尊は不動明王で、鎌倉時代の作であり厄除け・安産の御利益があるそうです。
護摩堂の対面にある客殿では、多くの種類の参拝記念品が販売されています。
両子寺 護摩堂の外観

護摩堂から大講堂へ行く途中にある「しぐれ紅葉」は、晴天の日でもしずくが落ちてくると言われていて、両子山七不思議の1つになっています。
坂道をまっすぐ進むと両子山の山頂へ続いていますが、時間が無かったので行きませんでした。
両子寺 しぐれ紅葉

小川に架かる橋を渡って坂を登って行くと、両子寺の本尊である「阿弥陀三尊像」が安置されている大講堂へ出ます。
また、先にある石段の先には、懸崖造りと言われる岩をくりぬいて造られている「奥の院本殿」があり、横の入口から奥の院岩屋洞窟へ回ることが出来ます。
洞窟内には、石造千手観音が安置されていて、不老長寿の霊水を頂くことが出来ます。
両子寺 しぐれ紅葉と小川

かつて六郷満山を支配してた寺院だけあって、非常に見ごたえのある古刹でした。
両子寺の境内は瀬戸内海国立公園内にあり、森林浴の森100選にも選定されています。
護摩堂の石垣と周辺に映える紅葉とのマッチングが特に美しく感じられ、しばらく見惚れてしまいました。
両子寺境内の紅葉

両子寺の駐車場

両子寺には無料駐車場があります。
境内入口にある駐車場が、参拝には1番近いですが、坂のすぐ下にも数ヶ所の駐車場が用意されていて、駐車場には困りません。

両子寺 基本情報

住所大分県国東市安岐町両子1548 地図
例年の見頃11月中旬~11月下旬 紅葉情報
紅葉の種類カエデ、イチョウ、モミジ
ライトアップあり(17:30~21:00) 有料
駐車場あり(無料)
アクセス大分空港道路杵築ICから25km
杵築バスターミナルからバス「安岐町役場入口」で乗り換え「両子寺」下車
備考拝観時間 8:00~17:00 (冬季 8:30~16:30)
拝観料 300円
お役立ちリンク
九州地方の名所
周辺の名所
文殊仙寺

大分県国東市
国東半島「六郷満山」天台宗寺院。県指定史跡。

岩戸寺

大分県国東市
国東半島「六郷満山」天台宗寺院。県指定史跡。

耶馬渓

大分県国東市
国東半島「六郷満山」天台宗寺院。県指定史跡。

ページのトップへ戻る