車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 名所巡り > 岩手県 > 盛岡城跡公園

盛岡城跡公園

東北では希少な石垣を持つ城

盛岡城跡公園は、岩手県盛岡市内丸にある都市公園です。
盛岡城跡に整備された公園で、岩手県を代表する桜で、春になると公園内に植えられたソメイヨシノ、エドヒガンが咲き誇り、訪れた花見客の目を楽しませます。
高松公園とともに「盛岡さくらまつり」の会場になり、桜開花期間中はライトアップされます。
盛岡城跡公園の本丸から見た桜


盛岡城は別名を「不来方城(こずかたじょう)」と言い、北上川と中津川の合流する場所に南部氏の居城として1598年に築城されました。
明治維新後は兵部省の所管となり、廃城令も免れたましたが、城内の荒廃が進んでいたため結局廃城となりました。
明治7年には城内の建物はほとんど取り壊され、払い下げられた旧藩主南部家から岩手県が借り受け、公園として整備されます。
昭和の初めになって盛岡市が買い取り、美しい石垣の残る城跡として国指定史跡となりました。
盛岡城跡公園の石垣と桜

岩手公園

現在の公園の名称は「盛岡城跡公園」ですが、正式名称は「岩手公園」になります。
岩手公園の開園100周年に際し、盛岡市が公園の正式名称を変更すると発表しましたが、市民の反対意見が多く、愛称の設定に変更という名目で実質上、公園の名称が変更されています。

岩手公園が開園したのは1906年で、設計したのは近代公園の先駆者とも言われる造園家・長岡安平で、この人物は千秋公園の他、数多くの公園の設計を行っています。
公園内の桜の木は、本丸南の腰曲輪、淡路曲輪に集中して植えられていて、ソメイヨシノが満開に咲いていました。
特に石垣に沿って植えられたソメイヨシノは、石垣とのコントラストが素晴らしく、しばらくの間見惚れてしまいました。
盛岡城跡公園の二の丸の桜トンネル

吹上馬場があった場所から階段を上っていくと本丸へ行けます。
画像には写っていませんが、階段の下には宮野小提灯の句碑が建てられています。
この他にも、園内には岩手公園にゆかりのある原敬、新渡戸稲造、石川啄木、宮沢賢治の顕彰碑や歌碑が建てられています。
盛岡城跡公園の本丸への階段とソメイヨシノ

本丸跡や二の丸跡には松が植えられていて、桜の木はほとんど植えられていません。
ただ、本丸跡からはを眼下に見下ろす淡路曲輪のソメイヨシノが素晴らしく、その向こうに盛岡市内の景色を眺めることが出来ます。
本丸跡には旧藩主の南部42代当主で、日露戦争で戦死した南部利祥の銅像が建てられていたのですが、太平洋戦争の時に金属供出で持ち去れられ、現在は台座のみが残されています。
盛岡城跡公園の本丸の展望台

桜の木が植えられているのは、本丸跡南側の曲輪が主で、あとは公園北の桜山神社周辺に数本植えられている程度ですが、本丸跡、二の丸跡、三の丸跡に残されている石垣は素晴らしいものがあり、足を運んで見ておくべきだと思います。
高松公園とともに「盛岡さくらまつり」の会場になり、桜開花期間中はライトアップされます。
盛岡城跡公園の本丸から見た二の丸の桜

盛岡城跡公園の駐車場

岩手公園には無料駐車場がありません。
周辺のコインパーキングを利用することになります。
盛岡城跡公園地下駐車場が8:00~18:00まで150円/30分、18:00~22:00まで150円/60分と安価に駐車することができます。
訪れた時は、盛岡城跡公園から石割桜へ向かう途中にあるコインパーキングが、8:00~20:00まで200円/60分、20:00~8:00まで100円/60分だったので、ここに駐車しました。
盛岡城跡公園の駐車場

盛岡城跡公園 基本情報

住所岩手県盛岡市内丸1-37 地図
例年の開花時期4月下旬 開花状況
桜の種類と本数ソメイヨシノ、エドヒガン 200本
ライトアップ18:00~21:30
桜まつりあり
駐車場あり(有料)
アクセス東北道盛岡ICから3.8km
JR盛岡駅からバス「盛岡城跡公園」下車
お役立ちリンク
東北地方の名所
周辺の名所
米内浄水場

岩手県盛岡市
敷地内にヤエベニシダレザクラが保存されている浄水施設。

高松公園

岩手県盛岡市
高松の池に整備された公園。
日本さくら名所100選。

石割桜

岩手県盛岡市
盛岡地方裁判所の敷地内にあるエドヒガンの一本桜。

ページのトップへ戻る