車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 名所巡り > 青森県 > 合浦公園

合浦公園

広大な敷地に立つ桜と松の並木道

合浦公園は、青森県青森市合浦にある青森市立の都市公園です。
青森県の桜名所の1つで、野木和公園とともに「青森春まつり」の会場になっていて、春になると公園内に植えられた670本の桜の木が咲き、訪れる人の目を楽しませます。
園内には700本のクロマツも植えられていて、日本の都市公園100選に選定されています。
合浦公園の桜

青森市民の憩いの場

合浦公園は海浜公園で、近くには海水浴場があります。
以前は広い砂浜があったそうですが、戦後になると泥がたまるようになり、砂浜保全のために工事が行われました。
かつて、近くには国鉄東北本線の浪打駅がありましたが、ルート変更によって廃止になってしまいました。
合浦公園さくら祭り

公園が造成されたのは1894年で、旧弘前藩の庭師であった水原衛作が、自らの手で公園の造成を開始しましたが、志半ばで死去してしまいます。
その後、弟の柿崎巳十郎が公園を完成させ、青森町に寄付しました。
合浦公園にある池

青森春まつり開催期間中は、露店が立ち並びます。
この公園は、かつて奥州街道が通っていた場所であり、東西に一直線に横切る道は、旧奥州街道の名残です。
公園内には、桜の他に700本のクロマツが植えられていて、この道沿いには、江戸時代からある「三譽の松」ががあり、市の天然記念物に指定されています。
合浦公園にある旧奥州街道

園内には、ソメイヨシノをはじめとして670本の桜が植えられています。
夜は提灯でライトアップされ、桜の開花時期には多くの青森市民で賑わいます。
合浦公園の桜トンネル

園内には池と、池の近くには「合浦亭」と呼ばれる茶室もあり、市民の文化芸術活動施設になっています。
池の周辺は日本庭園になっていて、ソメイヨシノ、シダレザクラとともに、クロマツがバランスよく配置されています。
合浦公園は、青森県で1番古い公園であり、園内には石川啄木歌碑、芭蕉句碑など31の碑が建てられています。
合浦公園のシダレザクラ

合浦公園の桜の駐車場

合浦公園には、春まつり期間中は無料駐車場がありません。
周辺にある駐車場の料金は1回500円です。
合浦公園 駐車場

合浦公園 基本情報

住所青森県青森市合浦2-17-50 地図
例年の開花時期4月下旬 開花状況
桜の種類と本数ソメイヨシノ、ヤエザクラ他 670本
ライトアップ日没~21:00
桜まつりあり(春まつり)
駐車場あり(有料)
アクセス青森道青森東ICから7km
JR青森駅からバス「合浦公園前」下車
お役立ちリンク
東北地方の名所
周辺の名所
芦野公園

青森県五所川原市
県立公園。
日本さくら名所100選。

富士見湖パーク

青森県北津軽郡
富士見湖畔の総合公園。鶴の舞橋が掛かる観光名所。

弘前公園

青森県弘前市
城址公園。
日本さくら名所100選。

愛宕公園

青森県上北郡
明治17年造営の公園。
野辺地の人々の憩いの場。

幸畑陸軍墓地と八甲田山雪中行軍遭難資料館

青森県青森市
明治時代に造られた墓地。八甲田山雪中行軍遭難者が眠る。

ページのトップへ戻る