車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >蔵王温泉 下湯共同浴場

蔵王温泉 下湯共同浴場

蔵王温泉は、山形県山形市南東部の蔵王連峰西麓にある温泉です。
かつては高湯温泉と呼ばれていて、伝説では、西暦110年にヤマトタケルの蝦夷征伐に従軍した吉備多賀由(キビノタガユ)が発見し、ここで湯治したとあり、日本最古の温泉の1つに数えられています。

蔵王温泉には「上湯」「下湯」「川原湯」の3か所の共同浴場があり、安い料金で入浴することが出来るため、多くの人が入浴に訪れます。


蔵王温泉へ向かうには、西側からは県道14号線または県道21号線を使います。
東側も最終的には同じルートを使うことになり、有料道路を使うのなら国道286号線から西蔵王高原ラインを使えば楽です。
ゴールデンウィーク中は無料開放されている様でした。
有料道路を使わない場合は、東側からのアクセスは少し面倒になります。

共同浴場の駐車場は、高湯通りの上湯と下湯の間にある霊泉広場に駐車することが出来ます。
また、バスターミナル近くのガソリンスタンド東側駐車場と、蔵王体育館前にも駐車場があります。どちらも、期間は4月1日から11月30日になっています。


下湯共同浴場のある高湯通りは、古き良き時代の温泉街の風情を今も残している通りです。
蔵王温泉の中心にある共同浴場で、横には足湯まであるので人通りも多い場所です。
共同浴場の隣には、蔵王温泉の由来が書かれた看板と、無料の足湯があります。
下湯共同浴場の前を通り過ぎ、さらに先へ行くと上湯共同浴場へと続きます。
入口に料金箱があるので、200円を投入して中へ。
蔵王温泉 下湯共同浴場の外観

入浴

施設全体は、浴室も含めてすべて木造づくりになっています。
入って最初に感じるのは浴室の広さで、浴槽の大きさは他の共同浴場と変わりありませんが、洗い場が広く取ってあり、非常に広く感じます。長湯する人の休憩場所になっていました。
蔵王温泉 下湯共同浴場の浴室

泉質は酸性・含硫黄・硫酸塩・塩化物温泉で、源泉温度は56.9℃。
源泉温度が高いため、井戸水で加水しています。それでも湯温は少し熱めであり、そんなに長湯は出来ないと思います。
pHは1.8で、舐めてみるとかなり酸っぱい味がします。
蔵王温泉 下湯共同浴場の浴槽

入口すぐ横には、かけ湯のための湯桶があります。
通常、この類の施設は、湯桶から溢れたお湯が浴槽に注がれるものですが、ここはかけ湯専用になっていて、浴槽には湯口が別に造ってあります。
蔵王温泉 下湯共同浴場のかけ湯用の湯桶

蔵王温泉に3か所ある共同浴場のうち、一番人の出入りが多い施設だと思います。
他の2か所の上湯共同浴場川原湯共同浴場もかなり近い距離にあるので、はしご湯したい人にとっては非常にありがたいです。
蔵王温泉 下湯共同浴場

蔵王温泉 下湯共同浴場 基本情報

住所山形県山形市蔵王温泉30-2 地図
営業時間6:00~22:00
入浴料200円
駐車場あり
手すりなし
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考男女各内湯1

お役立ちリンク

山形県の温泉
蔵王温泉 上湯共同浴場

山形市
蔵王温泉に3か所あるの共同浴場の1つ。
熱め。

蔵王温泉 川原湯共同浴場

山形市
蔵王温泉に3か所あるの共同浴場の1つ。
熱い。

蔵王温泉 源七露天の湯

山形市
蔵王温泉にある立ち寄り湯。蔵王温泉大露天風呂の近く。

ページのトップへ戻る