車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >蔵王温泉 川原湯共同浴場

蔵王温泉 川原湯共同浴場

蔵王温泉は、山形県山形市南東部の蔵王連峰西麓にある温泉です。
かつては高湯温泉と呼ばれていて、伝説では、西暦110年にヤマトタケルの蝦夷征伐に従軍した吉備多賀由(キビノタガユ)が発見し、ここで湯治したとあり、日本最古の温泉の1つに数えられています。

蔵王温泉には「上湯」「下湯」「川原湯」の3か所の共同浴場があり、安い料金で入浴することが出来るため、多くの人が入浴に訪れます。


蔵王温泉へ向かうには、西側からは県道14号線または県道21号線を使います。
東側も最終的には同じルートを使うことになり、有料道路を使うのなら国道286号線から西蔵王高原ラインを使えば楽です。
ゴールデンウィーク中は無料開放されている様でした。
有料道路を使わない場合は、東側からのアクセスは少し面倒になります。

共同浴場の駐車場は、高湯通りの上湯と下湯の間にある霊泉広場に駐車することが出来ます。
また、バスターミナル近くのガソリンスタンド東側駐車場と、蔵王体育館前にも駐車場があります。どちらも、期間は4月1日から11月30日になっています。


川原湯共同浴場は、他の2つの共同浴場より分かりにくい場所にあります。
高湯通りの1本南側の道にあり、土産物店の緑屋商店の駐車場の奥にあります。
緑屋商店の駐車場は有料なので、共同浴場の駐車場に車を停めることになります。
入口には料金箱があり、入浴料200円を投入するようになっています。
蔵王温泉 川原湯共同浴場の外観

施設全体は、浴室も含めてすべて木造づくりになっています。
入口の扉を開けると、こじんまりとした脱衣所があり、その奥には浴槽が見えます。
蔵王温泉 川原湯共同浴場の脱衣所

入浴

浴槽の大きさは、他の2つの共同浴場よりも小さめに作られています。
洗い場も、下湯共同浴場よりもかなり小さめになっていて狭いです。
体を洗う時は、体についた石鹸が湯舟に飛び散らないように気を使います。
蔵王温泉 川原湯共同浴場

湯温は、あまり人が来ないせいもあってか、かなり熱くなっています。長湯はムリです。
泉質は酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉で、源泉温度は48.1℃。
pHは1.45で、舐めてみるとかなり酸っぱい味がします。
蔵王温泉の共同浴場の中では、1番透明度の高い温泉になっています。
蔵王温泉 川原湯共同浴場の湯口

湯舟を出たり入ったりを繰り返す入浴をしたい人は、下湯共同浴場の方をお勧めします。
立地的にも分かりにくいので、入浴客は、みんな下湯か上湯に行ってしまうのか、人の出入りはほとんどありませんでした。
運が良ければ独占できます。
蔵王温泉 川原湯共同浴場の浴槽

蔵王温泉 川原湯共同浴場 基本情報

住所山形県山形市蔵王温泉43-3 地図
営業時間6:00~22:00
入浴料200円
駐車場あり
手すりなし
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考男女各内湯1

お役立ちリンク

山形県の温泉
蔵王温泉 上湯共同浴場

山形市
蔵王温泉に3か所あるの共同浴場の1つ。
熱め。

蔵王温泉 下湯共同浴場

山形市
蔵王温泉に3か所あるの共同浴場の1つ。
熱め。

蔵王温泉 源七露天の湯

山形市
蔵王温泉にある立ち寄り湯。蔵王温泉大露天風呂の近く。

ページのトップへ戻る