車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >奥八九郎温泉

奥八九郎温泉

奥八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある野湯です。
さらに奥へ進んで行くと奥奥八九朗温泉があり、こちらの方は全国的にも有名な野湯です。
奥八九朗温泉は湯温が低く、泥が堆積しており、不衛生なため入る人はほとんどいません。

奥奥八九朗温泉へ行く途中にあるのですが、雑木林の中にあるため非常に見つけにくいです。


国道282号線から「野口」と書かれた標識の道へ入ります。
道なりに約2.8km進むと、左方向へ直角に曲がった先に橋があり、これが目印になります。
橋の手前の林道の中へ入って行きます。ここからは、舗装されていない砂利道になります。
手前のガードレールには、手作りの標識で「奥八九朗温泉」とありました。
奥八九郎温泉の入り口

砂利道をそのまま進んで行くことになるのですが、厄介なのが、東の又沢と西の又沢の分かれ道。
左の分かれ道の西の又沢へ進み、そこからは一本道になります。
似たような道が続くので分かりにくく、奥奥八九朗温泉まで行くと通り過ぎています。
カーブミラーとガードレールが途切れた先に車を停められるスペースがある場所です。
奥八九郎温泉の駐車スペース

入浴…断念

駐車スペースの下の斜面を降りて行きました。
道の先をもう少し進むと別のルートもありましたが、深さ10センチの川を渡らなければいけないので、やめておきました。
藪の中を歩いて行くと、奥の方に水溜りのようなものが見えてきます。
奥八九郎温泉の遠景

温泉中央の穴からは、気泡とともに源泉が噴き出し続けていて、直径3メートルくらいの湯だまりを作っています。
奥奥八九朗温泉のように排水する場所は設けられていないので、湯だまりから溢れた温泉で周囲は水浸しになっていて、どこへともなく流れていきます。
奥八九郎温泉

奥奥八九朗温泉と同様、中からは絶えず大量の温泉が噴き出していて、こちらも「天然のジャグジー」となっています。
浴槽としての広さは奥奥八九朗温泉よりも広いくらいです。
パッと見、お湯も透明で入浴意欲をそそられるのですが…。
奥八九郎温泉の外観

お湯の中に1歩入るとこの通り。
足がズブズブ埋まっていき、見る見る湯船?が濁っていきます。
入るのは構わないのですが、出る時に泥だらけになること必至です。
あとで桶で温泉をすくって洗い流そうにも、周りが全部こんな状態で、どうにもならないと思います。
奥八九郎温泉に入浴しようとした様子

奥八九郎温泉 基本情報

住所秋田県鹿角郡小坂町 地図
営業時間24時間
入浴料無料
駐車場あり(適当に停める)
手すりなし
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考野湯。街灯なし。

お役立ちリンク

秋田県の温泉
八九郎温泉

鹿角郡小坂町
寸志で入浴できる地元住民専用の浴場。
適温。

奥奥八九郎温泉

鹿角郡小坂町
野湯。大量の源泉が噴出する「天然のジャグジー」。

新玉川温泉

仙北市
日本一酸性度の高い玉川温泉の源泉から引泉する温泉宿。

露天風呂 水沢温泉

仙北市
田沢湖北東に位置する水沢温泉郷にある温泉。

ページのトップへ戻る