車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >八九郎温泉

八九郎温泉

八九郎温泉は、秋田県鹿角郡小坂町にある地元の方専用の浴場です。
公衆浴場法に規定されている入浴施設ではありませんが、地元の人たちの好意により、外来入浴者にも寸志で解放されています。
農作業を終えた地元の方が、ひとっ風呂浴びに来る感じの浴場です。


国道282号線から「野口」と書かれた標識の道へ入ります。
道なりに約2.8km進み、左方向へ直角に曲がった道の先の橋を渡り、渡ってすぐの舗装されていない川沿いの道を上流へ進みます。
八九郎温泉近くの川沿いの道

川沿いの道を約160m進んでいくと、左方向に空き地がるので、ここに車を停めることが出来ます。ここから、さらに奥へ歩いて行きます。すでに八九郎温泉は目視できています。
道には赤く変色した側溝が掘ってあり、温泉が流れて来ています。
八九郎温泉の遠景

八九郎温泉は、山の麓に建てられたビニールハウスにあり、周辺は畑と民家があるだけです。
立地から、明らかに個人の所有地にある浴場であることは明らかです。

表の張り紙には、”この「八九郎温泉」は、公衆浴場法第一条に規定する入浴施設ではありません。したがって、関係者以外が入浴した場合の事件・事故・疾病い関しては一切の責任を負いません。野口自治会”とあります。

入口には蚊帳が張ってあり、虫が入ってくるので蚊帳を閉めるように注意書きがあります。
中には寸志を入れる箱があり、100円を入れるようになっています。
施設内は男女別の内湯になっていて、脱衣所と浴室は分かれています。
八九郎温泉の外観

入浴

浴室に入って最初に目に付くのは、床から浴槽全体にびっしり付着している温泉成分。
一気に上がったテンションを抑えつつ入浴します。
浴槽は広めで7~8人は入れそうで、掃除もよく行き届いています。
ビニールハウスでできた施設内は密閉性が高く、室内に湯気が立ち込めています。
八九郎温泉の浴槽

源泉は、外部から流れて来ていて、温泉湯口は男女同じ場所から注がれています。
泉質はカルシウム・ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、源泉温度は41.6℃。
奥奥八九朗温泉より下流域にあるためか、湯温は熱くも温くもなく適温で入浴できます。
八九郎温泉の温泉湯口と浴槽

洗い場は2人が体を洗えるくらいの広さで、溢れた温泉が排水溝を通ってビニールハウス外に流れていきます。油断していると、もう少しで石鹸を外に流してしまうところでした。
体を洗い流すために、浴槽から温泉を汲むときも、ちょうど良い位置に浴槽があります。
八九郎温泉の洗い場

浴場の外には街灯がありますが、室内に照明は無いので、夜は真っ暗になります。
個人所有の浴場なので、大声を出したり、夜遅くの入浴などのマナー違反行為は控えるべきでしょう。所有者の考えひとつで、明日にでも外来入浴禁止になる可能性があります。

八九郎温泉 基本情報

住所秋田県鹿角郡小坂町 地図
営業時間不明
入浴料100円
駐車場あり
手すりなし
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考男女各内湯1

お役立ちリンク

秋田県の温泉
奥八九郎温泉

鹿角郡小坂町
野湯。低温、不衛生なため入浴困難。

奥奥八九郎温泉

鹿角郡小坂町
野湯。大量の源泉が噴出する「天然のジャグジー」。

新玉川温泉

仙北市
日本一酸性度の高い玉川温泉の源泉から引泉する温泉宿。

露天風呂 水沢温泉

仙北市
田沢湖北東に位置する水沢温泉郷にある温泉。

ページのトップへ戻る