車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >四万温泉 上の湯

四万温泉 上の湯

四万温泉は、群馬県吾妻郡中之条町にある温泉です。
「四万の病気を治す温泉」から名前が付けられ、昭和に発行された群馬県の郷土かるたである、”上毛かるた”でも詠まれています。
国道353号線最北端にある温泉で、四万川ダム下流を流れる四万川に温泉街を形成しています。
温泉街は5つの地区に分けられていますが、そのうち、新湯、日向見、山口の各地区に3軒の無料の共同浴場があります。

四万温泉は、延暦年間に坂上田村麻呂により発見されたとする説と、永延年間に源頼光の家臣・碓井貞光により発見されたとする、ふたつの説があります。
温泉街として発展し始めたのは1563年からで、1954年には国民温泉保養地第一号に指定されています。

江戸時代には「草津の上がり湯」と呼ばれ、強烈な酸性湯の草津温泉に訪れた湯治客が立ち寄り、四万温泉で、刺激を受けた肌を整えて帰路についたそうです。
上の湯は、山口地区にある共同浴場で、近くには「山口川音の足湯」があります。


国道353号線から標識に従って県道239号線の坂を下り、右側に見える橋を過ぎ、対岸に渡って右に曲がります。100mも進むと山口地区で、上の湯が見えてきます。
山口地区は、四万温泉が温泉街に発展する起点になった地区でもあります。
駐車場は、四万川上流を600m歩いた温泉街の裏手にあり、少し遠いのが難点でしょうか…。
ただ、もう少し上流の橋の下には、新湯地区にある共同浴場「河原の湯」があり、共同湯巡りをするには、便利な場所にあります。
四万温泉 上の湯の外観

入浴

木造建ての施設の外観は、いかにも共同浴場と言った雰囲気が漂っています。
施設内も最近建て替えられたように清潔に保たれています。
浴室内は、床も壁もタイル張りになっていて、浴槽は中央の仕切りで2つに分けられています。
それぞれの浴槽は大きくはなく、3~4人くらでいっぱいになりそうです。
四万温泉 上の湯の浴槽

洗い場は、そこそこの広さがあります。
シャワーはありませんが、水道には加水するためのホースが取り付けられています。
中央にさりげなく取り付けられた手すりは、入浴客の邪魔になることなく、使う人には便利な大きさになっていると思います。
四万温泉 上の湯の浴槽と洗い場

源泉湯口は1か所で、両サイドにある浴槽に流されています。
温泉は無色透明で、泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩温泉。源泉温度は57.3℃。

通常、2つに分けられてある浴槽は、片方が熱く、もう片方は温くなるように造ってあるものですが、ここは同じ大きさの浴槽に、同一の源泉が流し込まれていて、どちらも同じ温度になっているように感じました。
恐らく、どちらかの浴槽に加水して、自分で温度調整するようになっているのだと思います。
普通、手前を温く、奥を熱くするものだと思うのですが…。
四万温泉 上の湯の温泉湯口

訪れた時は、ちょうど前に入っていた入浴客が出たばかりで、どちらにも加水された様でした。
おかげで適温で入浴できたのですが、本来はかなりの熱さになっています。
加水されていても、浴槽は小さいので、放っておけばすぐに高温になります。
地元住民の方専用の時間帯も設けられていないようで、清掃時間以外ならいつでも入浴出来ます。
木造むき出しの広い天井には、立ち昇った湯気が漂い、かなり気持ち良く入浴することが出来ました。
お昼の3時には営業終了になってしまうので、近くを通る機会があっても、時間帯が合わないのが残念です。
四万温泉 上の湯の男湯

四万温泉 上の湯 基本情報

住所群馬県吾妻郡中之条町四万3979-3 地図
営業時間9:00~15:00
入浴料無料
駐車場あり
手すりあり
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考男女各内湯2

お役立ちリンク

周辺の温泉
四万温泉 河原の湯

吾妻郡草津町
草津温泉にある無料共同浴場。湯畑から東方向へ約1.3km。

四万温泉 御夢想の湯

吾妻郡草津町
草津温泉にある無料共同浴場。湯畑から東方向へ約1km。

四万温泉 山口川音の足湯

吾妻郡草津町
草津温泉にある無料共同浴場。湯畑から東方向へ約1.3km。

尻焼温泉

吾妻郡草津町
草津温泉にある無料共同浴場。湯畑から東方向へ約1.3km。

ページのトップへ戻る