車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >三瓶温泉 鶴の湯

三瓶温泉 鶴の湯

三瓶温泉は島根県大田市三瓶山の南麓にある温泉で、国民保養温泉地に指定されています。
西日本でも有数の湧出量を誇り、鉄分を多く含むため、酸化した鉄の湯の花で赤く濁った湯が特徴です。

「鶴の湯」は三瓶温泉に2つある公衆浴場の一つで、温泉街の中にあります。


東側と南側からなら県道40号線、西側からなら県道30号線を通ることになります。
南側から来た場合、看板の指示通りに進むと急な坂を登り、三瓶温泉街の中を通って来ることになります。
東側と西側から来た場合は「国民宿舎 さんべ荘」を南に下り、温泉街まで行きます。
鶴の湯は温泉街の中にあり、とにかく目につきやすい場所にあります。
施設の前と向かって左側に駐車場があり、隣には志学薬師が祭られています。
三瓶温泉 鶴の湯 全景

正面入口のそばには手湯があり、夏だけだと思いますが足湯もあります。
鶴の湯 手湯

自動販売機でチケットを買い、側の箱に入れるようになっています。
脱衣所にも鍵付きのロッカーがあるが、のれんの前にも靴入れ用ロッカーがあり、無料で利用できます。
鶴の湯屋内

入浴

浴場は決して広いとは言えない…と言うか狭いです。
5~6人も入ればいっぱいになります。
昔は、夏場は加温されていなかったようですが、今は年中加温されています。
鶴の湯 男湯

こちらは大量の源泉がそのままドバドバ垂れ流しされています。
加温されていないため透明に近く、夏場はこの源泉を使って体を洗うと気持ちよかったです。
三瓶温泉 源泉掛け流し

湯口から出ている湯は加温されていないため、源泉そのままだと思われます。
浴槽内で加温されているようで、茶色く濁っていました。
湯温は熱くもなく、ぬるくもなく丁度良い感じです。
こじんまりとしていますが、三瓶温泉を代表する公衆浴場でした。
鶴の湯 湯口

三瓶温泉 鶴の湯 基本情報

住所島根県大田市三瓶町志学932-1 地図
営業時間12:00~21:00 (冬期12:00~20:00)
入浴料300円
駐車場あり
手すりあり
シャワーあり
石鹸・シャンプーなし
備考男女各内湯1

お役立ちリンク

島根県の温泉
国民宿舎 さんべ荘

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある国民宿舎。

三瓶温泉 亀の湯

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある共同浴場。地元色が強い。

出雲湯村温泉 元湯公衆浴場

雲南市木次町
出雲湯村温泉にある共同浴場。

出雲湯村温泉 河原の野天風呂

雲南市木次町
出雲湯村温泉にある無料露天風呂。

塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター

雲南市掛合町
掛合まめなかセンターにある温泉施設。午後から営業。

木部谷温泉 松乃湯

鹿足郡吉賀町
松乃湯が経営する一軒宿。日本では珍しい間歇泉。

ページのトップへ戻る