車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り >塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター

塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター

塩ヶ平温泉は島根県雲南市掛合町「掛合まめなかセンター」にある温泉施設です。
個人的には、隠れた名湯と位置付けています。

昔は国道54号線を延々進んでいかなければなりませんでしたが、松江道が全面開通されて吉田掛合ICから10分で行けるようになり、アクセスがかなり楽になりました。

国道54号線沿いにあり、「黄金色の湯 塩ヶ平温泉」と書かれた大きな看板も出ているので見落しにくいのですが、場所を覚えるまで何度か通り過ぎてしまったのは自分だけでしょうか?
施設の前と裏に十分な広さの駐車場があります。
地元の公民館でもあり、トレーニング室もあるので、施設利用者は温泉客だけではありません。
ただ、駐車場の台数=入浴客の人数と思って間違いないと思います。
塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター外観

正面玄関から入り、受付で料金を支払います。受付で言われるまま階段を下りて廊下を左へ。
手前が女湯、奥が男湯。入浴客の数は、扉の前にあるスリッパで分かります。
脱衣所には、鍵付きのロッカーが6つ。他に洗面台とドライヤーが備え付けられています。 塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター 入り口

入浴

浴室は決して広くはありませんが、スペックが凝縮されています。
浴槽は4~5人くらい入ればいっぱいになります。いっぱいになった経験は1度もありませんが…。
鉄を多く含んでいるため、温泉の色は真っ茶色です。「黄金色の湯」と謳う所以です。
塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンターの浴槽

お湯は出っぱなしの源泉かけ流し。
張り紙に「源泉かけ流しのため、自分での温度調整はご遠慮ください」とあります。
源泉温度が21.2℃と低いため加温しています。
使用温度は39℃で、湯温は熱くもなく温くもなく丁度良い湯加減です。
塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター 温泉湯口

とにかく凄いのが、床にびっしり堆積した析出物。
温泉水1kg中含有成分が1000mg以上だそうで、成分の濃い温泉です。
泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、舐めてみると若干、塩の味がします。
床に付着した温泉の析出物

浴槽にも析出物が付着しています。溢れた温泉は排水溝へ流されていきます。
午前中は加温するため、温泉施設としては珍しく午後12時からの営業になっています。
浴槽に付着した温泉成分

特筆すべきなのは、この値段の入浴施設にしてはシャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸が備えられていることと、男湯に限定されているようですが、サウナがあります。
公民館付設の浴場だけあって、手すりも完備していて、窓の向こうはついたてがあり、外からは見えません。
塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンターの洗い場

時間帯にもよるのでしょうが、行けばほぼ独占状態でした。
年間企画として、毎月料金が安くなるサービスデーがあります。
5・15日 いいこの日 小・中学生100円
11・22日 夫婦の日 夫婦で400円
10・20日 60歳以上の方は200円
26日 風呂の日 大人200円、小・中学生100円

塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター 基本情報

住所島根県雲南市掛合町掛合821-1 地図
営業時間12:00~20:00 (毎月曜休館、祝祭日の場合は翌日)
入浴料大人300円 子供(小・中学生)150円
駐車場あり
手すりあり
シャワーあり
石鹸・シャンプーあり
備考男女各内湯1

お役立ちリンク

島根県の温泉
国民宿舎 さんべ荘

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある国民宿舎。

三瓶温泉 鶴の湯

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある共同浴場。

三瓶温泉 亀の湯

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある共同浴場。地元色が強い。

出雲湯村温泉 元湯公衆浴場

雲南市木次町
出雲湯村温泉にある共同浴場。

出雲湯村温泉 河原の野天風呂

雲南市木次町
出雲湯村温泉にある無料露天風呂。

木部谷温泉 松乃湯

鹿足郡吉賀町
松乃湯が経営する一軒宿。日本では珍しい間歇泉。

ページのトップへ戻る