車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り > 出雲湯村温泉 河原の露天風呂

出雲湯村温泉 河原の野天風呂

斐伊川にある野天風呂

出雲湯村温泉は、島根県雲南市木次町にある温泉です。
その歴史は非常に古く、天平5年(733年)に編纂された『出雲国風土記』に「漆仁の川辺の薬湯」として記載があります。
自然豊かな斐伊川の傍には、「湯乃上館」と「国民宿舎清嵐荘」の2つの温泉宿泊施設があり、5月には、蛍を眺めながら露天風呂に浸かることもできます。


河原の野天風呂は、出雲湯村温泉にある野天風呂で、24時間無料で入浴することが出来ます。
斐伊川の一部を岩で囲んで浴槽にしていて、雪解けや梅雨の時期、雨が降った後の数日は川が増水して斐伊川に沈んでしまい、入浴出来なくなります。

三刀屋木次インターから国道314号線を南下します。
詳しい行き方は出雲湯村温泉 元湯公衆浴場 参照。

野湯

出雲湯村温泉 元湯公衆浴場」の前を通り過ぎ、駐車場に車を停めて川へ向かいます。
コンクリート製の小さな階段があるので降りて行きます。
以前は、辿り着くまで岩を乗り越えて行かなければならなかったのですが、邪魔な岩は撤去されていて行きやすくなっています。
湯村温泉 河原の野天風呂への道路

入浴

岩が撤去されたお陰で、遠くからでも水没しているかどうか視認することが出来ます。
以前は、岩をよじ登ってそばまで行かないと、入浴できるかどうか分かりませんでした。
湯村温泉 河原の野天風呂

野天風呂は川の一部を岩で仕切っているだけなので、少し川が増水するだけで姿が消えてしまいます。遠方からやって来る人にとっては、なかなか入れない場合が多いです。
脱衣所は無いので、服は近くの岩にでも掛けておきます。
湯村温泉の斐伊川の野湯

時々、真ん中の大きな岩の底から気泡が上がって来ます。
お湯は無色透明で、近くにある”元湯公衆浴場”と同じアルカリ単純泉だと思われます。
湯温は少し温めで、長湯に丁度良い感じです。
足元から湧き出る温泉

オーバーフローしたお湯は川へ流される完全な源泉かけ流しです。
綺麗に掃除されているので、公衆浴場の方が清掃されているのだと思います。
河原の野天風呂 溢れた温泉が斐伊川へ流れる様子

周りを緑に囲まれ、ゆったりとした川の流れを眺めながら浸かる温泉は最高です。
ただし、人の往来は少ないですが、外からは丸見えになります。
冬は周辺が雪で埋まります。自分で雪かきして入るのは自由ですが、入浴できる湯温かどうか知りません。
湯村温泉 露天の野湯

中国地方に数カ所しかなく、しかも来ても必ず入れるとは限らない、貴重な野湯です。
斐伊川対岸にはもう一つの宿泊施設があります。
道の駅「おろちの里」が近くにあり、車中泊可能です。

出雲湯村温泉 河原露天の野湯 基本情報

住所島根県雲南市木次町湯村 地図
営業時間24時間
入浴料無料
駐車場あり
手すりなし
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考混浴露天1

お役立ちリンク

島根県の温泉
国民宿舎 さんべ荘

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある国民宿舎。

三瓶温泉 鶴の湯

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある共同浴場。

三瓶温泉 亀の湯

大田市
三瓶山南麓の三瓶温泉にある共同浴場。地元色が強い。

出雲湯村温泉 元湯公衆浴場

雲南市木次町
出雲湯村温泉にある共同浴場。

塩ヶ平温泉 掛合まめなかセンター

雲南市掛合町
掛合まめなかセンターにある温泉施設。午後から営業。

木部谷温泉 松乃湯

鹿足郡吉賀町
松乃湯が経営する一軒宿。日本では珍しい間歇泉。

ページのトップへ戻る