車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り > 乗鞍高原温泉 せせらぎの湯

乗鞍高原温泉 せせらぎの湯

川の音が聴こえる極上湯

乗鞍高原温泉 せせらぎの湯は、長野県松本市安曇にある無料入浴施設です。
乗鞍岳登山道付近にあり、近くには有名な白骨温泉があります。

国道158号線から県道84号線に入って乗鞍山の麓まで進みます。
県道に入る時に、東側から来ればそのまま左折出来るのですが、西側から来れば右折禁止になっているので、一旦通り過ぎてUターンしなければなりません。

特に西側から来る場合、安房峠が冬期閉鎖になっていると、有料道路である安房峠道路を使うことになるので要注意です。


県道84号線から乗鞍山の麓にある温泉施設「湯けむり館」の手前にある停留所「コロナ連絡所前」が目印になります。
駐車できるスペースがありますが、ここはバスの停留所になっているので、200m先にある乗鞍観光センター前の駐車場に車を停めることになります。
乗鞍高原温泉せせらぎの湯への道

「コロナ連絡所前」の道路を渡り、反対側にある砂利道の坂道を歩いて降りて行きます。
砂利道には街灯が無いので、夜に来た時は懐中電灯が必要です。
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯の対面にあるバス停

坂道の突き当りまで歩いて行くと、右側に小屋のようなものが見え、周辺に硫黄臭が漂っているのですぐに分かります。
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯 入口

入浴~無料で超贅沢な露天風呂

川が傍に流れていることから、この施設の名前が付いたのでしょう。
入口右側が男湯、左側の女湯は川側で景色が良いのかどうか知りませんが、せせらぎの音がやたら大きく聞こえてきます。
湯船は大きくはありません。4人が1列に並んで入浴すればいっぱいになります。
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯

湯口には湯の花が付着して真っ白になっています。
泉質は単純硫黄泉(硫化水素型)。白骨温泉と同じように見えます。
源泉は乗鞍岳中腹にあり、そこから引泉しています。泉質は単純硫黄泉で施設周辺に硫化水素臭が漂っています。
乗鞍高原温泉 せせらぎの湯 男湯

お湯は白く濁っていて、舐めてみると硫黄特有の苦さがありました。
お湯の中では湯の花が舞っていて、底にも沈殿しています。
この類の温泉は大抵熱いものですが、湯加減はちょうど良く、超贅沢な無料露天風呂です。
夜9時になると自動的に電気が落ち、真っ暗になります。
冬季は閉鎖され、ゴールデンウイーク辺りから営業が始まります。
乗鞍高原温泉せせらぎの湯 男湯のアップ

乗鞍高原温泉 せせらぎの湯 基本情報

住所長野県松本市安曇鈴蘭 地図
営業時間~21:00(消灯) 冬季閉鎖あり
入浴料無料
駐車場あり (乗鞍観光センター前の駐車場)
手すりなし
シャワーなし
石鹸・シャンプーなし
備考男女各露天1

お役立ちリンク

長野県の温泉
野沢温泉 大湯

下高井郡
野沢温泉にある共同浴場。野沢温泉のシンボル的存在。

野沢温泉 河原湯

下高井郡
野沢温泉にある共同浴場。大湯のすぐ近くにある。

野沢温泉 松葉の湯

下高井郡
野沢温泉にある共同浴場。商店街のはずれにある。

野沢温泉 麻釜湯

下高井郡
野沢温泉にある共同浴場。大湯から少し離れた場所にある。

白骨温泉 公共野天風呂

松本市
白骨温泉にある共同浴場。

ページのトップへ戻る