車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ > 温泉巡り > 谷津第2共同浴場と河津三郎の足湯処

谷津第2共同浴場と河津三郎の足湯処

地元専用の共同浴場

谷津第2共同浴場は、静岡県河津町谷津温泉にある地元組合員専用の共同浴場です。
専用桶を持った人以外は立ち入り禁止ですが、河津桜まつりの期間中のみ、地元の方のご厚意で観光客にも無料開放されます。


国道414号線を河津町まで南下します。途中で下田方面へ右折するようになっていますが、道なりに進めば県道14号線に自然に合流します。
そのまま道なりに進めば河津町に入り、海岸線を通る国道135号線に合流する少し手前の道の付近に谷津第2共同浴場があります。
共同浴場入口が川沿いの小道にあるので、車で施設の前まで行くことは出来ません。
河津三郎の足湯処

外来者が入浴することを考慮すると、間違いなく河津川沿い桜並木に訪れているはずなので、河津駅周辺の桜まつり臨時駐車場に車を停めることになります。


河津桜まつりの会場中心から館橋を渡ってすぐ左の小道に入る階段を下ります。
途中には所々に道案内の表示板があるはずで、迷うことはありません。
河津三郎の足湯処の案内板

川沿いの道を真っすぐ進んで行けば、河津三郎の足湯処へ到着します。
1階にある扉の奥が女湯で、手前が男湯になります。奥まっている扉はトイレです。
河津三郎の足湯処の建物入り口

建物の中央にある階段を登っていくと、2階が「河津三郎の足湯処」になっています。
足湯に浸かりながら、対岸にある桜並木を眺めることが出来ます。
河津三郎の足湯処

入浴

1階にある共同浴場の扉には”指定桶を持たない人は入浴できません。”と書かれていて、扉を開けることを躊躇してしまいますが、中に入ると洒落た木桶を持っている地元住民らしき人がいて、入浴しても大丈夫であることを確認しました。
脱衣所は決して広いとは言えませんが、ロッカーもしっかり鍵が掛けられます。
谷津第2共同浴場の脱衣所

浴室の扉をあけると、ほのかに磯の香りがしたのは気のせいか…。
シャワーも3つ付いていて、体もしっかり洗えます。
谷津第2共同浴場カラン

浴槽は5~6人くらい入れる、地元の公衆浴場としては標準的な広さで、お年寄りには有難いことに手すりも設置されています。
本来は熱いはずなのに湯温は丁度良く、おそらく先に入浴した人が加水したのだと思います。
谷津第2共同浴場の浴槽

温泉はナトリウムー塩化物泉で泉温は62.1℃。
無色、無臭、蛇口は自由に使えるようになっています。
施設は非常に清潔で、大変気持ち良く入浴させていただきました。
谷津第2共同浴場の浴槽蛇口

花見で歩き疲れたら、ここで汗ばんだ体を洗い流すのも良いかもしれません。汗が出るほど気温は高くありませんが…。

地元の方の好意で使わせていただくことを忘れずに。
マナーを守ってお互いに気持よく、河津桜まつりと温泉を楽しみたいものです。

谷津第2共同浴場と河津三郎の足湯処 基本情報

住所静岡県賀茂郡河津町谷津417-3 地図
営業時間10:00~15:00 (河津桜まつり期間中のみ)
入浴料無料
駐車場なし(河津桜まつり臨時駐車場)
手すりあり
シャワーあり(無料)
石鹸・シャンプーなし
備考男女各内湯1

お役立ちリンク

ページのトップへ戻る