車中泊 名所巡り

軽自動車で車中泊しながら各地の名所を巡っています。桜と紅葉を中心に訪れた名所と入浴した温泉を紹介します。

トップ> 車中泊雑記> 車中泊できる場所

車中泊できる場所

車中泊する場所の条件

車中泊旅行するにあたり、何処に宿泊するのかは、最も大切な事項だと思います。
私も、これまでに様々な場所で車中泊してきました。

例えば、国道沿いにあるパーキングエリア、目的地の駐車場、ドライブインの駐車場、挙句の果てには、街灯1つ無い山奥の林道脇に車中泊したこともありました。

私有地は即アウト

個人の所有する空き地に無断駐車することは不法侵入にあたり、最悪、逮捕される可能性があります。
実際には、悪質な迷惑駐車をしている例が山ほどあるため、逮捕にまで至ることは少ないと思いますが、警察を呼ばれて注意を受けて他の場所へ移動することになると思います。

さすがに、個人の所有する空き地に車中泊している例は見たことも聞いたこともありません。
常識的に考えても、ありえないことだと思います。

水道とトイレ

人が行動するには水が不可欠です。
車中泊のような移動しながらの生活では、あまりその重要性が分かりにくいと思いますが、飲料水以外でも水が必要になることはあるはずです。
また、トイレも重要で、山奥の草陰で用を足せるほどタフな精神力を持っている人も少ないでしょう。


道の駅以外の駐車場

道路沿いのパーキングエリア、仮眠OKのドライブインなどは、比較的車中泊しやすいと思いますが、トラック等の出入りが激しく、何時間もアイドリングしっ放しの車両も多くいて、非常に騒々しくなっています。

目的地の駐車場に車中泊することは、次の日の行動には便利ではありますが、自分で車中泊していても気が引けます。
また、場所によっては車中泊を禁止している所もあり、車中泊できるとは限りません。

特に、一番面倒に感じたのは、深夜の警察による職務質問です。
公園の駐車場などは、警察車両が頻繁に巡回していて、深夜そこに車中泊していれば、不審車両と思われることは当然のことです。
自分も何度も職務質問された経験があるため、それ以来、なるべく道の駅に泊まるようになりました。

以前、長野県諏訪市にある「霧の駅」に車中泊したことがありました。
ここは標高1600mを超える高所にあり、悪天候のため、暴風に加え、霧で視界がゼロの駐車場には1台の車も無く、この様な場所での車中泊は恐ろしいものがありました。
霧に包まれた「霧の駅」

道の駅

車中泊旅行する人の多くが利用しているのが道の駅でしょう。
本来、車中泊する人のために造られた施設ではありませんが、車中泊旅行する人が多くなり、夜になると、実質的に車中泊旅行者専用の無料駐車場になっています。

照明があり、他の車中泊旅行者もいることで安全性も高くなっています。
トイレ、水道もあり、常に清潔に保たれているため、快適に車中泊できる場所になっています。
駐車台数も十分にありますが、ゴールデンウイークなどの連休になると、車中泊旅行する車で一杯になるため、早めに到着して場所の確保をしておかないと、深夜に寝る場所に困ることになります。
道の駅の風景

施設内は、お土産物や地元野菜の市場になっているだけでなく、周辺地域にある観光名所を案内するインフォメーションがあり、地元住民だけでなく旅行者にとっても有益な施設になっています。

夜にはインフォメーションセンターは閉まってしまいますが、観光名所のパンフレットや、道路交通情報を知らせる端末が設置されているため、必要な情報を手に入れることが出来ます。
また、Wi-Fiが使える所も増えて来て、ますます便利になっています。
道の駅にあるインフォメーションセンター

駐車場所の盲点

実際に車を駐車してみれば気付くことですが、道の駅に限らず、水はけを良くするために駐車場には傾斜が付けられています。
これが、我々車中泊する者にとっては、睡眠を妨げる意外な盲点になっています。
道の駅によっては、この傾斜が極端に付けられて整地されている場所もあり、傾斜の小さい場所に駐車しないと、安眠できない場合もあります。
また、主要国道沿いにある道の駅は、道路を行き交う車の音が安眠を妨げる場合もあります。
道の駅の駐車場の傾斜

次の日の目的地によって、車中泊する道の駅を事前に決めておくことも大切です。
私も、最初の頃は何度かやらかしたことがありますが、人気の観光地周辺には道の駅が無い場合が多く、現地に着いてから道の駅を探しても半径30キロ以内に、道の駅が1つもなかった経験がありました。
人気観光地を訪れる時には、周辺の道の駅の有無には注意が必要です。

お役立ちリンク
関連記事
よく使う移動ルート

個人的に頻繁に利用するルートと、全国の高速道路無料区間の調査。

軽自動車の車中泊フルフラット

狭い軽自動車で車中泊するためのセッティングの紹介。

車中泊マット

購入した車中泊マットのレビューと、使用中に気付いた点について。

車中泊便利アイテム

車中泊旅行時に必ず携行していく便利グッズについて。

ページのトップへ戻る